ご挨拶

代表取締役社長佐藤文樹

平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は1950年に佐藤工業所として創業致しました。1959年に現社名の株式会社玉越工業とし、1975年に本社を現在地の東京都北区昭和町に移転致しました。

創業は溶接工場でしたが、本社移転から幼児・子供用の自転車製造業を主業としました。

1990年に茨城県笠間市に工場を新設し国内での生産を拡大して参りました。

その後自転車業界の変革期が訪れ、東南アジアを主に自転車の輸入が年々増加し、国内生産が大幅に減少致しました。当社に於いては海外でのOEM生産委託による自転車の輸入を開始するとともに、品質管理を強化して、子供自転車だけではなく自転車全般の国内生産を推進してきました。現在も輸入と国内組立との2本柱で、日本国内では数少ないメーカーとしての役割を果たしております。

自転車は環境にやさしく、健康的で、通勤・通学・買い物・レジャー等便利な足となります。

今後とも全国のお子様から若者、ご年配の方々皆様に、安心して乗っていただける、安全な自転車をお届けいたします。

当社全社員の願いと幸せは、安全で素敵な商品を提供させて頂くこと、そしてお客様・お取引先・販売店の皆様に喜ばれる事であります。

業界の発展と末永く社会に貢献できる企業を目指して、全社員一丸となり努力・研鑚して参る所存でございます。

今後とも当社に対しましてご愛顧、ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役社長
佐藤文樹